ベークライト製のHARDYのフライボックスNERODAの誕生は30年代から始まり60年代初頭までカタログに掲載されていました。
クリップタイプを基準として様々な種類が作られています。
カラーはべっ甲柄とエンジ系のオックスブラッドの2種類。
他のボックスに比べても数も少なくコレクターズアイテムとなっております。
n1

さて写真のボックスはNERODAの40クリップのサーモンフライ用のオーソドックスなボックスです。カラーはオックスブラッド。
程度も良く美品です。

なかなか程度のよいNERODAにお目に掛かることは少ないと思います。
n2

さらにサーモンフライも付いていますので、このままお使いになってもコレクションとしても良いでしょう。

詳しくはこちらをご覧下さい。