久々に塩原温泉に行ってきました。
同行はMRさんとSMZさん。
のんびりスタートでSAで早めの昼食を採ってお昼頃から釣り開始。
バス旋回場の前の駐車場に車は無く貸し切り状態です。

1
上流に向かう二人を尻目に、誰も居ないので久々にウェットの釣りがしたくて釣り下りました。
ところが全く当たりが無く橋まで到着。この間魚影も見掛けません。
嫌な予感は当たってしまったようで、ニンフに替えてさらに粘るも釣れたのは1尾のみ。他はことごとくバレてしまいます。
GWで相当にいじめられてしまったのかもしれません。

ところがハッチが始まるとライズが起こり、この間はドライフライの独擅場となります。
小さなライズでしたが掛けてみるとまさかのこのサイズ。

4
これがドライで釣れるもこの川の魅力です。

さらに流れ奥の岩盤際で出てきたのは山女魚。

3


2
上流から落ちてきたのか、もともと居たのか、このサイズの山女魚はヒラキでも結構ライズしていました。
メイフライとは良く行ったもので、時間によって断続的に起こる大小のカゲロウの乱舞と、それに伴うライズの釣りはエキサイティングです。
もちろんフライにはそれなりにシビアで、特に山女魚と思しライズは捕食対象を選んでいるようです。

MRさんは一日ドライで通し釣果を伸ばしていました。
5


終わってみればドラフライの楽しさを再確認した楽しい釣りとなりました。

そしてアウトバックのアイサイトX走行にも少しずつ慣れてきました。
6