2011年11月

恒例の昼食会の後、買ったばかりのロッドとリールを持って近くの公園でキャス練してきました。

といってもフライではなくて、こちら。

イメージ 1


ロッドはテンリュウのスパイクシリーズの7ft。

リールはシマノのレアニウムの6000番に、ラインはPEの4号が巻いてあります。

大型シイラ、カツオ用で、ルアーも18~60gのキャスティング用です。

ルアーがないので18gと35gのオモリを作って、それをビニール袋に入れてリーダーに結んで投げてみました。

イメージ 2


しかし18gだとロッドの負荷がなくてまったく飛びません。

8番ロッドに3番ラインを乗せているような感じです。


ラインが太すぎるのと、ビニール袋の抵抗がありすぎるのだとい結論に達しました。

そこで今度は35g。

こちらは適度な負荷が掛かって、そこそこ飛んでくれます。

飛距離の基準がありませんが、少なくともフライロッドで遠投する以上には簡単に飛んでくれるので、即実践OKでしょう。

このシステムであればジギングにも充分に使えます。

実はもう一本、テンリュウにロッドを頼んでいます。

こちらは5.8ftのベイトリール用のジギング専用ロッドで、来月に完成予定です。

これに譲ってもらったABU6500をセットする予定です。

ジグは充分に揃っていますので、これでいつでも出動できます。

これで完全にシーズンオフが無くなりました。

でも使うのは来年かな?

先日のサーモンフィッシングの後、システムの問い合わせがいくつかありました。

特にツーハンドの場合、ラインシステムも多種多様ですので、いろいろな選択肢があります。

自分の場合、投げることよりも釣ることに重点を置いています。

荒川には初年度から毎年2度のペースで参加していますが、請戸や木戸のような河川とはまったく違い、

完全自然河川で、尚かつ距離もあります。

当然、ポイントも変化に富みます。

しかしながらやる気のある鮭はやはり瀬に着きます。このへんはアメマスと同じで、遡上して間もないフレッシュな魚の共通点ともいうことでしょうか、水圧の強い場所を好むようです。

ラインはスカジットのフローティング・ボディをベースに、先端にエクスプレス14(T-14相当)を2mプラス。

イメージ 1


ティペットはフロロの16ポンドを1.5m程直結します。リーダーは付けません。

イメージ 3


フライは大きめのバニー系、あるいはフォックスなどのボリュームのある赤ベースのフライで、フックサ
イズは1番か2番あるいはウオディントンを使用しています。ウエイトは入れていません。

イメージ 2


これにスプリットショットの3Bを3個~4個、ポイントによって付け加えていきます。

システムは以上です。


釣り方はナチュラルドリフトか、流速よりもやや遅めのドリフトでフライを転がすイメージです。

これをクロスからダウンに流していきます。


基本的にはニンフフィッシングとほぼ同じ要領で、アップにキャストし、上流にメンディング、タナが取れたらそこからラインを送っていくイメージで縦に流していきます。

ポイントによってはラインを下流にメンディングしてU字で流すこともありますが、流れを良く読んで、このへんは臨機応変に対応するのが良いでしょう。

いずれにしてもこの時、ラインは張らずに流れに任せます。

そしてアタリはラインで取ります。

フローティングを使用しているのはこのためです。

鮭がフライを咥えれば、そこでラインが止まるか、あるいは沈みます。

ほとんど根掛かりと同じ状況ですが、何度か流してあらかじめ根のある場所を認識しておけば、よりアタリが分かりやすいかもしれません。

さらにラインが出るに従って、ロッドを高く保持して張らず緩めずの状況を作っておけば、ラインの重さの変化でアタリを取ることが出来ます。

荒川は大きな川ですが、釣れるのは意外と岸寄りですので、遠投の必要は無いと思います。

実際に使うラインも15YDほどで充分に釣りになりますので、キャストに自信のない方(自分もそうですが)でも充分に釣りになります。

ただ遡上魚の釣りは、魚がいなければ勝負になりません。
まずはポイント選びが最重要です。

ツーハンド・ロッドの釣り方には、いろいろなメソッドがありますが、どうしても一尾をキャッチしたい場合、比較的簡単で効果的な方法だと思います。

イメージ 1

HARDYのアンティークが2台入荷しました。

PERFECT 2-7/8とSt.George 3インチ。

まさしく人気を2分する2台です。

どちらも生まれは1930年代頃。

3/4世紀経った現代、その人気は衰えるどころか、今なお多くの釣り人を魅了して止みません。


詳しくは下記をご覧下さい。

先週末の大雨による増水・濁りで、日曜、月曜とほとんど釣果がありません。

今週に入ってから水位も徐々に引きはじめ釣れてきてはいますが、それでも例年よりもかなり少なめです。

そして木曜日。

この日は今年の初参戦日。天気さえ持てば最高の水量のはずでした。

しかし、予報はまたしても雨。さらに風も10mを越える大荒れの天気です。

同行はAOチャン、Yチャンと3名。さらに別動でKさんグループが4名です。

今回も完徹で高速を走って、現地には5時に到着。

雨はさほどではありませんが、風が半端じゃないくらい吹き荒れています。

本日の参加者はざっと50名くらいでしょうか。

朝のミーティングを終えて、まずは2番ポイントに向かいました。

イメージ 1


川は増水しているものの、濁りはさほどではありません。

しかし釣り開始から30分もしないうちに次第に雨が激しくなり、みるみる水位が上がってきました。

しかも濁りもひどくなって、かなり厳しい状況になってしまいました。


立ち込んでいるところが本来は河原だったところです。

イメージ 2


他の釣り人はほぼ全員上がってしまい、自分も諦め上がろうと思ったのですが、幸運にも鮭のボイルを見つけてしまいました。

魚がいるのが分かれば一気にモチベーションが上がってきます。

そして、しつこく粘って・・・。


イメージ 3



このサイズを2本。

我ながらこの状況で良く釣れたと思います。

完全に粘り勝ちでした。

それにしても既に寒くて凍えそうです。


11時頃になるとさらに水位が上がって濁りも増して、流木まで流れて来る始末。

とうてい川に近づくことすら出来ない状況になってしまいました。

ちょっと下流でお茶を濁して本日はこれまで。お昼には帰路に着きました。



関越道は相変わらずの暴風雨。湯沢で雪に変わりました。

イメージ 4


そしてトンネルを抜けると晴れ渡っています。

イメージ 5


もう冬ですね。


次回は12月初旬予定。

大雨、強風、増水、濁りと4拍子揃った今回に比べれば、これ以上悪い条件になることはないでしょう。

太田の高台にあるおそば屋さん。

イメージ 1


蕎麦好き中年組で出掛けてみました。

ここは初めてです。

それもそのはず、場所が分かりずらくて、ここを目的に行かなければ、まずお店の存在自体知る由もないでしょう。

しかし閑静で景色も良くて、まるで何処かのリゾートにいるような錯覚を覚えます。

イメージ 2


お蕎麦も美味しく、静かに食事を楽しむにはもってこいですね。

また、お店の名前も「竹林」ですので、これも何かの縁でしょう。

↑このページのトップヘ